発達教育学部 | 関西福祉大学 受験生応援サイト
 
発達教育学部 児童教育学科

子どもたちへの思いを未来へつなぐ2つのコース

児童教育コース

児童教育コース

幼児から児童へと成長する心と体の発達を理解することで、子どもたち一人ひとりを理解し、寄り添う洞察力を身につけます。子どもの興味や関心を大切にしながら、読み、書き、計算を始めとして文化や文化財を伝達、習得させ、創造する力を養いながら、個性を伸ばし豊かな人間性を育てます。

現場体験を通じて、地域連携や学級経営を円滑に行うことのできる実践力をもった小学校教諭や幼稚園教諭を養成します。

取得できる資格・免許

小学校教諭一種免許状  幼稚園教諭一種免許状
保育士  認定心理士  各種任用資格
小学校、幼稚園、教育関連のNPO法人、公務員、青少年センター、教育関連企業、大学院進学 など 目指す進路

幼児教育コース

幼児教育コース

乳幼児期に周りの大人からありのままの自分を受けとめてもらう経験を積んだ子どもは「友だちが好き」「自分が好き」と言える子どもに成長します。幼児教育コースではこのような子どもの育ちを支えるために、子どもへの理解を深め、子どもが自らの可能性を発揮できるように支援する力を身につけます。

乳幼児期からの学びの連続性を大切にした子ども支援、地域との連携を大切にした保護者支援を行うための学びが中心となります。また、認定こども園の設置にみられる幼保一体化にも対応できる実践力のある幼稚園教諭・保育士を養成します。

取得できる資格・免許

幼稚園教諭一種免許状  保育士  認定心理士  各種任用資格
幼稚園、保育所、認定こども園、児童福祉施設、児童館、病院等医療機関、幼児教育・保育関連企業、大学院進学 など 目指す進路

児童教育コースでの保育士資格の取得に関しては、2年次末までの成績が一定水準以上であることが必要です。

児童教育学科学びのポイント

実践力を育成していくための5つのポイント
入試情報 資料請求

先生や友達、資格、地域とつながる発達教育学部の特色

児童教育コース 児童教育コース

広い視野を持ち、一人ひとりの子どもと
しっかり向き合える先生になりたい

発達教育学部 児童教育学科 水口 楓奈子 さん

水口 楓奈子 さん
発達教育学部 2年次生 高知県出身

演習(ゼミ)で小学校へ授業見学に行くなど、実践的に学べる機会があります。印象的なのは、「目で見たものの背景まで考えなさい」という先生の言葉。そうすることで、子どもたちの気持ちを汲み取ったり、授業を分析する力が磨かれるからです。たくさんの知識を得て、現場を経験し、子どもたちとしっかり向き合える先生をめざします。

体験を重ねることで、真実を見つめる力を養いましょう

発達教育学部 児童教育学科 山本 博和 教授

山本 博和 教授
発達教育学部 児童教育学科

事実は目に見えます。しかし、事実の背後に潜む真実は目に見えません。教員に必要なのは、真実を見る力、すなわち子どもの気持ちや行動の背景に思いをはせる力です。そのために重要なのが、多様な体験をすること。体験を重ね、振り返り、その後の生活に活かせる経験として蓄積することで、真実を見る力を養っていきましょう。

発達教育学部の幼児教育コース 幼児教育コース

子どもを注意深く見守り、安心で楽しい毎日を支えたい

発達教育学部 児童教育学科 安田 美和 さん

安田 美和 さん
発達教育学部 2年次生 兵庫県出身

学び始めて驚いたのは、幼稚園や保育所の先生たちがどれだけ子どものことを注意深く見守っているのかということ。お絵描きの時間でも、絵の具を飲み込んでしまわないように注意したりと、考えることはたくさんあります。その一つひとつを身につけて、子どもたちが安心で楽しい毎日を過ごすサポートができる先生をめざしたいです。

揺るぎない自分を作り上げる4年間を

発達教育学部 児童教育学科 大山 摩希子 教授

大山 摩希子 教授
発達教育学部 児童教育学科

子どもは周囲の環境からとても大きな影響を受けて育ちます。しかも、そのスピードはものすごい。子どもの教育に携わるとは、それだけの覚悟が必要でもあるのです。だからこそ、大学時代にさまざまな体験をし、見聞を広めてください。そうやって作り上げた「揺るぎない自分」が、将来のみなさんを支えてくれるはずです。

教授からのメッセージ

学長/発達教育学部 学部長 秋川 陽一 教授

子どもたちの成長を自らの喜びとし、
努力を積み重ねられる人材を育成

人は誰もが等しく、成長・発達する権利をもっています。また、人それぞれ、個性的に成長・発達していきます。そして、その過程では多くの人に支えられています。これらは、本学の建学の精神である「人間平等」「個性尊重」「和と感謝」に通じるものです。本学部での学びを通して「人のためにがんばることを自分の喜びとできる人材」に成長していってもらいたいと考えています。

学長/発達教育学部 小野間 正巳 准教授

「まずはやってみよう」の精神で体験型授業を展開

小学生の学びと同じ内容を実際に体験し、その上で指導方法や教材づくりを考えるのが小学校教員への道のり。ですから、手や体を動かし、「まずはやってみよう」の精神でいろいろな活動をしています。そこで得た経験は教員になったときに役立つだけでなく、自分自身の暮らしも豊かにしてくれるはずです。


ページ上部へ