関西福祉大学について | 関西福祉大学 受験生応援サイト
 
君と“つながる”大学

関西福祉大学は新たなステージへ

発達教育学部の開設により、3学部体制に

社会福祉学部

幅広い視野をもって地域、そして社会に目を向け活躍できる社会福祉のプロフェッショナルへ。

発達教育学部

確かな実践力によって、子どもたち一人ひとりの可能性を引き出すことができる教員・保育者に。

看護学部

患者様一人ひとりの個性や人間性を尊重し健康で快適なくらしを支える看護職者へ。

関西福祉大学の特色 5つの“つながる”

「人が好き」「誰かの役に立ちたい」。そんな気持ちのあなたはきっと、"つながり"の魅力や可能性に気がついているはず。関西福祉大学は、たくさんの"つながり"と出会える大学。今の自分となりたい自分が、この場所で、つながります。

少人数教育で「自学力」を身につける

先生と“つながる”

豊富な現場経験をもつ教職員が学生一人ひとりに寄り添って指導します

関西福祉大学で学生の指導にあたっているのは、福祉や教育、医療、そして就職支援など、それぞれの分野に精通するプロフェッショナルばかり。
そんな心強い存在が、少人数制の教育環境のもと、あなたの大学生活をきめ細かくサポートします。


「アカデミック・アドバイザー」とは?

4年間をともに過ごす、独自の「担任」制度

ゼミ(演習)では、少人数制の指導を実施。さらに、担当教員はアカデミック・アドバイザーとして、進路の相談などにも対応。「担任の先生」との密接な関わりが、大学生活を有意義なものにします。

「サブアドバイザー」とは?

「いつでも相談」を実現する充実のサポート体制

アカデミック・アドバイザーの補助役として学生のサポートを行う大学職員が、サブアドバイザー。大学生活全般の相談にのり、アドバイスを行っています。

仲間と“つながる”

学部・学年を越えて、「顔が見える」関係

学部・学年を越えて、「顔が見える」関係

演習(ゼミ)や実習などの学び、大学祭などの大学行事、さらにクラブ活動やボランティア活動。同じ目標をもった仲間と切磋琢磨する機会が豊富な本学では、多くの学生が、学部や学年を越えて顔の見える間柄となり、力を合わせて活動しています。


資格と“つながる”

豊富な資格対策授業・模擬試験

将来の夢の実現に向けて「資格」を取得する

社会福祉学部と看護学部では、対策授業や模擬試験を実施。発達教育学部では専任教員が指導役を務める勉強会を行っています。地域と連携した質の高い実習も、資格取得を後押ししています。


地域と“つながる”

地域を舞台に、実践力を磨く

地域を舞台に、実践力を磨く

実習はもちろんのこと、ボランティア活動や現場見学など、学外で学べる機会が豊富なのは地域との深い結び付きがあるからこそ。まちのイベントにも積極的に参加し、交流を深めながら実践力を磨きます。


未来と“つながる”

就職決定率 99.5%(2015年度卒業生)

就職決定率 99.5%(2015年度卒業生)

キャリア開発課やアカデミック・アドバイザーなどによるきめ細かな支援と充実した資格サポート、そして4年間の実践的な学びにより、高い就職決定率を実現。多くの卒業生が目標としていた職業に就いています。


キャンパスライフを見る

学生の成長を支える最新のキャンパス

教育・研究環境の充実、高度情報化社会への対応、学生の福利厚生施設の充実などを目的としてキャンパスリニューアルしました。

1号館 118教室
1号館 情報処理・LL教室
3号館 第2実習室
喫茶ライム
2号館 学生ホール
4号館 食堂

Campus リニューアルガイド


ページ上部へ