兵庫県赤穂市の関西福祉大学の受験生応援サイトです。

本学サイト アクセス お知らせ 資料請求
 

葛島 星さんインタビュー

葛島 星さんインタビュー

伯母の幼稚園教諭の姿に憧れた#アノトキメキ。

葛島 星さん

葛島 星さん
【教育学部 児童教育学科 2018年卒】
兵庫県 赤穂高校出身

#アノトキメキ。エピソード
きっかけは、伯母の働く姿を見てかっこいいと思ったこと。学生時代実習の中で、保育って大変だな難しいなと感じる一方で、子どもたちを第一に明るく働いている先生を見て憧れをもった。先生は常に子どもとの関わりを考えられており、実習中質問をするとすべての関わりにおいて意図があるのだと気づかされた。更に、保育のいたるところに工夫があり、私自身も楽しい保育だなと実感。自身でもこのような素敵な保育をしたいと思った。

#アノトキメキ。を実現するための学び
大学時代はアルバイトや遊びも充実し様々な経験をしました。
憧れの先生と働きたい気持ちもあり、就職活動に入ったときにキャリア開発課では分野を問わず相談や対策の支援をしてくださいました。悩んだり落ち込んだときにはいつも励ましていただきました。また、就職の対策として苦手だったピアノや表現などは先生に相談すると、個別に見てくださり、自信にも繋がりました。更にピアノでは緊張慣れするために、たくさんの人に聞いてもらおうと先生方にお願いをすると、分野に関係なく空き時間で学生さんを連れて聞きに来てくださいました。自身で動き働きかけることが大切で、それに対して先生方は支えてくださりアットホームな環境で学んでこれました。

自身の憧れだった職であり、人と関わる事のできる仕事で楽しいと感じています。しかしその反面、大変なことや悔しいこともあります。子どもとの関わりでどのような関わりが必要かどのような言葉かけが良かったのか、常に考えさせられます。机上での学びも知識としては大切ですが、子どもに向き合って子どもたちから学ぶことも多くあります。そして何よりのやりがいは子どもたちの笑顔や成長です。笑顔を見るともっと楽しいことを一緒にいっぱいしたいなぁ、昨日できなかったことが今日出来てる!子どもたちからは元気や驚き、楽しさがもらえます。
今後は、自身も成長しつつ、保護者支援や子どもたちが輝けるような保育ができるようになることを目標としています。

#アノトキメキ。を体感する→関西福祉大学のオープンキャンパスはこちら

インタビュー一覧へ戻る

関西福祉大学のキャンパスライフを知ろう


ページ上部へ