兵庫県赤穂市の関西福祉大学の受験生応援サイトです。

本学サイト アクセス お知らせ 資料請求
 
受験生応援サイトTOP > キャンパスライフ > 卒業生インタビュー > 社会福祉士の資格取得と相談員としての夢を実現

社会福祉士の資格取得と相談員としての夢を実現

国家試験対策の手厚いサポートがある

母が介護の仕事をしていた影響で、高校は介護福祉コースへ進み、介護福祉士の資格を取りました。高齢者や介護だけではなく、もっと幅広く福祉について勉強したいと思い、社会福祉士の資格取得をめざしたのが、関西福祉大学に入学した理由です。

 

卒業後は、特別養護老人ホームへの就職が決まりました。入職してから2、3年は介護福祉士として現場経験を積み、その後は社会福祉士の資格を生かして、相談員として働く予定です。

 

社会福祉士の国家試験対策は大学のサポートも手厚く、特に東京アカデミーの講師を招いての対策講座は、重要なポイントだけをピックアップして、問題を解きながら解説してもらえたので、わかりやすく力がついていくのを実感できました。

実習で感じたことをアピールし第1志望に合格

就職先は、高校のときに介護実習でお世話になり、大学でもゼミ活動で関わることがあった社会福祉法人。職員の方々がやさしく、自分が無理なく成長していけると感じたのが志望理由です。ゼミの八木先生にも相談すると、すごく応援してくださいました。

 

就職試験の前には、キャリア開発課に模擬面接や履歴書の書き方について相談しました。模擬面接では「もっと自信をもって!」とアドバイスを受け、実際の面接では、高校のときに介護福祉士の資格を取ったことをアピール。実習などの経験から、「高齢者の人生に寄り添う仕事は私の性格に向いていて、やりがいをもって仕事ができる」と、はっきり自分の気持ちを伝えることができました。

 

ボランティアや実習を体験して寄り添える人に

この大学でよかったと思うのは、一緒に勉強したり、息抜きに遊びに行ったりしながら、同じ夢に向かってがんばれる仲間がいたことです。さらに、親身になって話を聞いてくださる先生がいつも近くいてくださったのも、本当に心強かったです。

 

就職が決まったとき、一番に電話したのは八木先生でした。「受かると信じていたよ。がんばってきた成果が出たね」と、まるで家族のように温かな言葉をいただきました。

 

八木ゼミで赤穂市の発達支援相談をしている先生のサポートを約1年間務め、困っている人はすごく身近にいることを実感しました。自分に近い問題としてとらえられることは、とても大切なことです。今後も、いつも利用者様本位で、利用者様のためになることを考え、寄り添っていきたいと思っています。

 

大前 穂乃花さん

社会福祉学部 社会福祉学科(2022年卒)

兵庫県 兵庫大学附属須磨ノ浦高校出身

関西福祉大学のキャンパスライフを知ろう

ページ上部へ