兵庫県赤穂市の関西福祉大学の受験生応援サイトです。

本学サイト アクセス お知らせ 資料請求
 

志方 仁美さんのインタビュー

志方 仁美さんのインタビュー

大切な人を守れる知識を身につけたい#アノトキメキ。

志方 仁美さん

志方 仁美さん
【看護学部 看護学科】
兵庫県 西脇高校出身

#アノトキメキ。エピソード
周りに医療関係者が多く、何かあると相談したりされたりする姿を見ていて、憧れを抱いた。そのため、小さい頃から医療現場に興味があり、将来は医療に携わる仕事に就きたいと考えて、さらに、私も自分の周りの人に何かあった時に役に立てる医療の知識と技術を身につけたいと思った。
疾患自体にも興味がありましたが、患者と多くの時間を共有し、一緒に治療に関わっていきたいと考え、看護師になろうと決めた。

#アノトキメキ。を実現するために取り組んでいること
今は”あの人なら”と患者・家族・スタッフから思ってもらえるような看護師になりたいと考え、知識や技術だけでなく大学での生活を通して人間として成長できるように努力しています。さらに、患者の気持ちに共感し、寄り添うことのてきる看護師。必要時、的確に判断し、行動することのできる看護師になりたいと考えています。
保健師の選抜コースを希望しました。理由は、保健師の資格・視点を活かした看護がしたい。将来の選択肢のために資格を取りたいと思ったからです。
保健師の視点をもつことで、患者の退院後の生活について想像することがてき、より患者に合った看護が提供できるのではないかと考えました。また、実習で病気や症状を見るだけでなく、人に対する興味をもち、その人がどんな価値観をもっているのか、何を好んでいるのかを知ることは看護を提供する上で不可欠なものだと学びました。保健師の学習を深めることで、これらの観察力をより確かなものにできると考えています。
また、私は保健師としてではなく看護師としての就職を考えています。看護師として働く中でさまざまなことを経験し、自分のやりたいこと、極めたいことが出てくると思います。そんな時に保健師の資格をもっていることで、選択肢が多くもてると考えました。長く社会で働いていくうえで自身のキャリア形成の可能性の幅を広げられるというのは、大きな強みになると考えました。

#アノトキメキ。を体感する→関西福祉大学のオープンキャンパスはこちら

インタビュー一覧へ戻る

関西福祉大学のキャンパスライフを知ろう


ページ上部へ