兵庫県赤穂市の関西福祉大学の受験生応援サイトです。

本学サイト アクセス お知らせ 資料請求
 

小久保 州哉さんインタビュー

利用者と心通わせ福祉の仕事のやりがいを体感

小久保 州哉さん

小久保 州哉さん
【社会福祉学部 社会福祉学科】
和歌山県 橋本高校出身

福祉の仕事に興味をもったのは高校生の時。進路に迷っていたところ、身近な人から「優しい性格を福祉に活かしてはどうか」とアドバイスされたことがきっかけです。人の話を聞くことが好きだったので、その点も自分に合っていると考え、福祉分野に強い関西福祉大学を選びました。でも、社会福祉やその仕事について本当に理解する鍵となったのは、社会福祉学部長・中村先生の「社会福祉学原論」という講義。社会福祉における正義や、社会福祉士の基本理念などを学びました。

「社会福祉学原論」により、社会福祉士は客観的な根拠をもって利用者の望みを正確に捉え、専門的な知識と技術で実現することが大切だと深く理解。学びへの意識が変わり、福祉の仕事に対する向き合い方の基礎にもなりました。また、高校生の時から子どもの育つ環境問題に関心があったため、2年次のコース選びでは、こども福祉コースを選択。困難を抱えた子どもを環境面から支援するSSW活動にも参加し、実際に子どもと関わるようになりました。

SSW活動では発達障がい児へのトレーニングや、SSW親子交流行事に副実行委員長として参加するなど、幅広い経験を積み、SSWの役割の大きさを実感。一方、3年次のソーシャルワーク実習により、障がい者支援への興味も高まりました。障がい者支援センターで個別支援計画を立てるなど、利用者と心を通わせて真剣に向き合うなかで、福祉の仕事のやりがいを感じたからです。就職先にも児童・障がいのある方の施設があるため、今後も利用者の立場に立ち、より良い生活を実現する支援をしたいです。

コミュニティアワーでは、子どもたちを取り巻く社会問題のなかでも、特に現代的要素の強い「SNSを使ったいじめ」をテーマに調査。小・中学生を対象に、スマホ所有者の割合や、SNSによるいじめの相談先などを、インターネット上の資料を集めるなどして調べました。さらに、対応策の考察や、発表内容についてグループで活発に議論。児童福祉に対する視野が広がったほか、コミュニケーション力も鍛えられました。

障がい者支援センターで1 ヶ月間のソーシャルワーク実習。利用者様の特性を確かめたり、職員や他の専門職と連携をとったりする学びのなかで、特に印象的だったのは個別支援計画の作成です。実習の先生から教わった「受容・共感・傾聴」を意識して関わることで、利用者様との距離が近くなるのを実感。気持ちに寄り添い、どのように支援を行えばより良い生活ができるか考えたことも、貴重な経験になりました。

大学に入って間もなく、友人といっしょにバドミントン部に入部しました。練習は週2回で、アットホームな雰囲気。皆でワイワイ楽しく活動しています。バドミントンは動きが激しくて体力が必要ですが、そのスピード感にはまります。特に試合に勝った時の喜びや、大学生限定の兵庫リーグでの真剣な勝負の面白さは格別。また、部活を通して、学部を越えた交友関係が広がったことも嬉しいです。

インタビュー一覧へ戻る

関西福祉大学のキャンパスライフを知ろう

ページ上部へ