兵庫県赤穂市の関西福祉大学の受験生応援サイトです。

本学サイト アクセス お知らせ 資料請求
 

黒田 満理奈さんインタビュー

楽しく体を動かしながらコミュニケーション力を磨ける。

黒田 満理奈さん

黒田 満理奈さん
【教育学部 保健教育学科】
兵庫県 明石商業高出身

大学進学を考えはじめたとき、小学生の頃からずっとがんばってきたバレーボールは続けたいと思いました。関西福祉大学の女子バレーボール部は、私が入学する1年前に指定強化クラブとして誕生。新しいチームの一員になって、1部リーグ昇格をめざしたいと思ったのが本学を志望した理由です。 保健教育学科を選んだのは、将来、スポーツに関わる仕事がしたかったから。具体的な進路はまだ決めていませんが、保健体育教諭のほかにも、いろいろな資格が取れるという安心感があります。子どもが好きなので、中学や高校での教育実習は、いまから楽しみ。スポーツの楽しさを伝えられたらいいなと思っています。

大学の授業で、一番面白いと感じたのは「健康体育法」です。部活動でケガをしたときも、故障した部位やメンテナンス方法がよくわかり、すごく役立ちました。「体育実技」では陸上競技やサッカーなどの球技をしましたが、仲間とコミュニケーションをとる機会が増え、絆が深まります。授業を通じていろいろな人とつながりができるのも、保健教育学科のいいところです。先生も話しやすい雰囲気なので、将来や進路についてはもちろん、プライベートなことも気軽に相談しています。

女子バレーボール部は7部リーグからスタートして、現在は4部。全日本女子バレーボールチームのコーチを務めたこともある監督のもと、チーム一丸となって1部リーグ入りをめざしています。私自身はまずレギュラーに入ることが目標! 教育実習がはじまると部活動との両立が時間的に難しくなるかもしれませんが、自分が好きなスポーツの楽しさを、もっと多くの人に知ってもらうために、精一杯がんばりたいと思います。

インタビュー一覧へ戻る

関西福祉大学のキャンパスライフを知ろう

ページ上部へ