兵庫県赤穂市の関西福祉大学の受験生応援サイトです。

本学サイト アクセス お知らせ 資料請求
 

宇都宮 涼吾さんインタビュー

患者様目線の看護の大切さを病院実習で学ぶ

宇都宮 涼吾さん

宇都宮 涼吾さん
【看護学部 看護学科】
兵庫県 豊岡高校出身

子どもの頃に病院の看護師さんに優しく接してもらった記憶と、小学校6年の時に曾祖母が入院して、何の手助けもできないまま亡くした無力感がきっかけとなり、看護師を志すようになりました。大学では看護師の資格取得だけでな、患者様の退院後の生活まで考えたり、地域の健康支援と連携したりできるように、保健師の資格取得もめざすことに。また、小児科担当になった場合に備え、子どもと関わる際の苦手意識をなくすため、養護教諭の資格取得も目標としています。

看護師の仕事のイメージが明確になったのは、1年次に履修した「看護学概論」です。根拠に基づく看護の大切さと、音・光・熱など病室の環境まで心を配る看護師の重要性を理解。視野が広がり、仕事の奥深さを感じました。また、実際に患者様と接する病院実習では、毎回新たな反省点を見つけ改善を重ねることで、成長につながりました。特に印象深いのが3年次の病院実習。担当の患者様に、リハビリや入院生活などの看護計画を受け入れてもらえなかった苦い経験です。

当初は拒まれた看護計画も、患者様目線で立て直し、最終的には受け入れてもらえましたが、看護のあり方を見直すきっかけに。その後は相手の表情にも注意して気持ちを汲み取るなど、「疾患ではなく、患者様を見ろ」という先生の言葉を強く意識するようになりました。のちに行われた別の病院実習で、退院を迎えた担当の患者様から、私の生活改善の提案に「やってみようかな」と言われた時は信頼関係を築けたと嬉しく感じ、大きな自信に。今後も患者様第一をモットーに、学びを進めたいです。

看護学生が主体となって研究テーマを決め、その分野を専門とする先生や認定看護師、卒業生などに講演をお願いしています。さまざまな立場や視点からの話を聞くことで考え方の幅が広がるほか、研究テーマを考える際に、看護師にはこんな専門分野もあるのかと新たに知ることも多いです。講師のお話から実社会や現場における課題を学び、看護師として何を大切にすべきかあらためて考える機会になりました。

保健師課程を選択すると、保健センターの事業に参加する1カ月間の実習があります。保健師のもとで、1歳6カ月健診や、地域で暮らす難病の方の家庭訪問、難病の方の自助グループ活動への立ち合いなどを実践。病を抱えて地域で暮らす人の悩みや生の声、保健師の視点を知る貴重な経験になりました。この学びを、患者様の退院時の調整や保健師との連携に役立てたいです。

小学校で3週間、保健指導や保健室での対応などを実践しました。初めは子どもとのやりとりが苦手でしたが、病院実習で患者様と接した経験を活かし、テレビ番組など共通の話題を見つけて距離を縮めるうち、関係を築くことを楽しめるように。保健の授業を行った際も、伝わりやすい言葉を選び、クイズなどで興味をもたせることで、勉強意欲を上げることに成功。子どもとのコミュニケーションに自信がつきました。

インタビュー一覧へ戻る

関西福祉大学のキャンパスライフを知ろう

ページ上部へ