兵庫県赤穂市の関西福祉大学の受験生応援サイトです。

本学サイト アクセス お知らせ 資料請求
 

花満 真由希さんインタビュー

現場経験が豊富な先生に仕事の厳しさを教えてもらえた。

花満 真由希さん

花満 真由希さん
【社会福祉学部 社会福祉学科】
京都府 網野高校出身

この大学を選んだ理由は、ボランティア活動に力を入れていることと、少人数制で一人ひとりの学生に合った指導が受けられると聞いたからです。 私は中学校の職業体験で特別養護老人ホームに行って以来、福祉の仕事に興味がありました。高齢者とのふれあいがすごく楽しくて、やりがいがあると感じたのです。だから、ゼミの活動で限界集落の支援を行ったことが一番の思い出。その集落には5人しか住んでおらず、平均年齢は80歳でした。コンビニもなく、病院へ行くにも1時間かかります。自分の生活とはあまりにもかけ離れており、最初は本当に驚きました。でも、住んでいる人たちと言葉を交わし、心を開いてもらえると、いろいろなことが見えてきます。自分が知らなかっただけで、支援を必要とする人はたくさんいる。もっと広い視野をもって、困っている人の役に立ちたいと思うようになりました。

ゼミの先生は福祉の現場をよく知っていらっしゃるので、仕事のたいへんさも教えてくださいます。それでも、ボランティアやゼミ活動で出会った人たちの顔を思い浮かべ、支援をしていきたいと決めました。就職は地元の市役所の内定をいただいています。市役所で働くには社会福祉士の資格が必須なので、いまは国家試験に向けて勉強中です。先生たちの手厚いサポートも、この大学の魅力の一つ。試験の傾向や対策を丁寧にレクチャーしてくれますし、研究室に行くと理解できるまで教えてもらえるので心強いです。

就職したら、他部署の専門職者とも協力しながら、本当に困っている人の役に立つことが目標。将来的には限界集落へも支援の手が届くよう、暮らしやすいまちづくりに貢献したいと思っています。

インタビュー一覧へ戻る

関西福祉大学のキャンパスライフを知ろう

ページ上部へ