兵庫県赤穂市の関西福祉大学の受験生応援サイトです。

本学サイト アクセス お知らせ 資料請求
 

今西 涼かさんインタビュー

保健室以外の仕事にふれ、養護教諭に大きなやりがいを感じた。

今西 涼かさん

今西 涼かさん
【教育学部 保健教育学科】
愛媛県 新居浜西高校出身

高校生のときはとくにやりたい仕事もなく、大学へもなんとなく入学したというのが正直なところ。でも、2年次の「養護実習Ⅰ」で小学校へ行ってから、養護教諭になりたいと本気で考えるようになりました。 実習では、健康診断を嫌がる子どもたちのために保健便りを作ったり、掲示物を工夫したりしたことが印象に残っています。保健室に来た児童のケアだけでなく、子どもたちのためにできることがいろいろあるとわかって、とても魅力を感じました。養護教諭は責任のある素敵な仕事です。実習先の小学校は児童400人ぐらいでしたが、指導担当の先生は、よく休む子や持病のある子のことは、みんな頭に入っていました。私も一人ひとりの子どもについて、きちんと把握できる養護教諭になりたいと思っています。

私たちは保健教育学科の1期生なので、まだ卒業生がいません。だから、児童教育学科で教員採用試験に合格した先輩の話を聞ける機会を、先生が作ってくださいました。先生方とはとても距離が近く、わからないことがあれば、研究室で教えてもらえます。授業中でも不明点は一人ひとりに説明してくれるのでありがたいです。

ある先生にアルバイトの相談をすると、養護教諭になるのに役立つから」と学童保育の求人を紹介してくださいました。「ぜひ!」とお願いし、授業がないときは小学校1年から6年までの子どもたちの勉強をみたり、遊んだりしています。教員採用試験対策で忙しくなるまでは、ボランティア活動もたくさん経験したいです。そして、学生の「がんばりたい!」という気持ちを後押ししてくださる先生方の期待に応えられるよう、素敵な養護教諭になりたいと思います。

インタビュー一覧へ戻る

関西福祉大学のキャンパスライフを知ろう

ページ上部へ