兵庫県赤穂市の関西福祉大学の受験生応援サイトです。

本学サイト アクセス お知らせ 資料請求
 

後河内 葵さんインタビュー

助産師でなければ経験できないことがあるとわかった。

後河内 葵さん

後河内 葵さん
【看護学部 看護学科】
兵庫県 高砂高校出身

母親が看護師で、産婦人科で働いています。そのため、中学生の頃から私も看護師になりたいと思っていました。また、年の離れた妹がいるので、母と一緒に産婦人科へ行く機会もよくあり、赤ちゃんと関わる職業に就きたいと考えるようになりました。

助産師は専門性が高く、試験も難しいのですが、思い切ってチャレンジして良かったです。というのも、3年次で看護師の実習、4年次で助産師の実習を経験しましたが、私は助産師の実習のほうが楽しいと感じました。赤ちゃんを取り上げて、お母さんに「おめでとうございます」と声をかけるときは感動的です。命が誕生する瞬間に立ち合える幸せは、助産師でなければ味わえないと実感しました。

分娩介助の実習は授業で何度も練習してから行くのですが、最初はお産の雰囲気に圧倒されてしまって、なかなか手を出すことができません。指導の先生に手取り足取り教えてもらって、やっとという感じでした。それでも10例目には自分から進んで介助できるようになり、我ながら成長したと思います。私が実習に行った病院は、本学の先生の付き添いが必要だったため、助産師の資格をもつ先生が一緒に来てくれました。実習中はすごく丁寧に指導していただき、本当にありがたかったです。お昼休みにはプライベートな話もできました。

同じ学年の助産師モデル専攻は、私を含めて5人なので、結束力が強く同志のような存在。先に実習を終えた人に「どうしたらいい?」と相談したり、みんなで食事へ行ったりしています。相談しやすい雰囲気づくりも、助産師としての能力のひとつだとわかりました。いままで学んだことを最大限に活かし、国家試験に向けてがんばります。

インタビュー一覧へ戻る

関西福祉大学のキャンパスライフを知ろう

ページ上部へ