兵庫県赤穂市の関西福祉大学の受験生応援サイトです。

本学サイト アクセス お知らせ 資料請求
 

李 守文さんインタビュー

トレーニング知識や福祉資格の取得で将来の選択肢が広がった!

李 守文さん

李 守文さん
【社会福祉学部 社会福祉学科】
群馬県 前橋商業高校出身

関西福祉大学に入学した理由は、福祉の学びは仕事にも将来の生活にも役立つことに魅力を感じたから。毎年のようにリーグ昇格を続けている本大学のサッカー部に入り、6歳から始めたサッカーを続けたいという強い思いもありました。スポーツ福祉コースを選んだのも、好きなスポーツについて学ぶためです。特にトレーニングの原理・原則を学ぶ授業が面白く、科学的な理論に裏打ちされた筋肉トレーニングを実践することで、自分の筋力アップを確認。その知識
と技術を応用したトレーニングで、サッカーのレベルアップにもつながりました。

また、以前は運動能力を高めるには運動するしかないと考えていましたが、栄養に関する授業などを通し、食事や睡眠なども大切だとわかったことも、本コースを選んで良かったと思える理由の一つです。介護のイメージが強かった福祉に対する印象も変わりました。困っている人の相談に応じて支援を考える社会福祉士や、障がいのある人にスポーツの楽しさを伝える障がい者スポーツ指導員など、さまざまな分野があると知り、職種の幅の広さを実感。ジュニアスポーツ指導員やスポーツプログラマーなど、本コースで取得できる資格はすべて取ろうと思い、大学の資格対策講座を利用しながら勉強しています。難易度の高い国家資格の社会福祉士は、受験費用の面からも取得すべきか迷い、ゼミの先生に相談。「資格をもっていて使わないのと、なくて使えないのは大きな違い」と助言されたことで選択肢を広げる大切さに気づき、勉強意欲がわきました。今後も福祉の学びを深めながら、サッカー部員としての活動にも力を入れ、将
来につなげていきたいです。

インタビュー一覧へ戻る

関西福祉大学のキャンパスライフを知ろう

ページ上部へ