兵庫県赤穂市の関西福祉大学の受験生応援サイトです。

本学サイト アクセス お知らせ 資料請求
 

志方 仁美さんインタビュー

看護の視点で地域を見ると健康問題を取り巻く状況の複雑さがわかった。

志方 仁美さん

志方 仁美さん
【看護学部 看護学科】
兵庫県 西脇高校出身

身近に医療職の人が多かったので、子どもの頃から自然と看護師になりたいと思っていました。関西福祉大学を選んだのは、学内の実習設備が整っていて、実習先の施設や病院が充実していたから。先生との距離が近いことも魅力でした。看護師+保健師取得モデルで保健師の資格も取ろうと思ったのは、入学してからです。看護師として就職はするけれども、もし将来的に違う仕事をしたいと思ったときに、もう一つ選択肢があればいいなと思いました。

本モデルを選んだことで、本当にたくさんの人と出会えました。看護の視点で地域の人々の健康を考えると、世の中にはさまざまな価値観があり、置かれている状況も人それぞれだとわかりました。特に印象的だったのは、精神看護実習です。最初は患者様との信頼関係がなかなか築けず、心が折れそうになりました。けれども、丁寧に時間をかけて接するようにしたら、少しだけ自分のことを話してくださり、とても嬉しかったです。そのときのレポートには、「自分の行動を振り返って、次に活かしたら患者様が反応してくれた」と書きました。振り返りの大切さは授業で教わっていましたが、腑に落ちた感じです。また、「患者様の傍にいるだけでもコミュニケーションになる、言葉だけがコミュニケーションではない」と、先生がよく話されていたことを実感しました。

現在は、看護師と保健師の国家試験に向けて勉強中です。将来は、「あの人なら何とかしてくれる」と言ってもらえる人になりたい。みんなから頼りにされるためには、行動力はもちろん、豊富な知識や技術が必要になると思うので、学生の間にできるだけ多くのことを吸収したいと思っています。

インタビュー一覧へ戻る

関西福祉大学のキャンパスライフを知ろう

ページ上部へ