兵庫県赤穂市の関西福祉大学の受験生応援サイトです。

本学サイト アクセス お知らせ 資料請求
 
受験生応援サイトTOP > キャンパスライフ > 在学生インタビュー > 隠れたSOSに気づけるように聞く力を磨く

隠れたSOSに気づけるように聞く力を磨く

児童虐待への関心から児童福祉の仕事に興味

高校の福祉科で児童虐待について学んだことをきっかけに、ソーシャルワーカーになりたいと考え、関西福祉大学に入学しました。社会福祉士がめざせることと、児童福祉専門の八木先生に出会ったことが大学選びの主な理由です。

 

オープンキャンパスで、会話の苦手な私が緊張しながら児童虐待について質問をしたところ、八木先生は寄り添うような温かい対応で、丁寧に回答してくださいました。子どもだけでなく、私自身の気持ちもしっかり受けとめてくれる姿勢に感銘を受け、ぜひここで学びたいと思ったんです。

SOSを出せない人の本心を聞き出す大切さを学ぶ

学びのなかで特に印象的だったのは、ソーシャルワーク演習です。以前の私は、困っている人と支援制度をつなげることが福祉の主な仕事と考えていました。

 

しかし、この授業で、児童虐待や貧困にはさまざまな背景があり、困っていても自分から声を上げられない人が多くいることを理解しました。そうした本心を聞き出し、隠れたSOSを見つけることがソーシャルワーカーの重要な仕事であると気づき、学ぶ姿勢も変わりました。

 

今は先生に言われた「聞き上手になること」を意識し、グループワークなどで実践しています。

社会福祉士とSSWを取得し子どもに安心を!

また、現場経験のある先生から、過酷な状況下にいる子どもの話を聞いたり、グループワークの調査で、コロナ禍で生まれた深刻な社会現象を確かめたりしたことも成長のきっかけになったと感じています。もっと社会を知らなくてはと、さまざまなニュースに関心をもつようになりました。

 

さらに、学びを進めるうえで欠かせないのはゼミ仲間です。八木先生のゼミ生はみんな研究熱心なので、自分と違う研究テーマでも興味深い話が聞けて刺激になります。

 

今後の目標は、社会福祉士とスクールソーシャルワーカー(SSW)の資格を取得し、児童養護施設で活躍すること。施設の子どもたちが安心して日々を過ごせる支援と、自立に向けた支援のできるソーシャルワーカーになりたいです。

 

大久保 柚葉さん

社会福祉学部・社会福祉学科
(こども福祉コース)・3年
香川県 高松南高校出身

関西福祉大学のキャンパスライフを知ろう

ページ上部へ