兵庫県赤穂市の関西福祉大学の受験生応援サイトです。

本学サイト アクセス お知らせ 資料請求
 
受験生応援サイトTOP > キャンパスライフ > 在学生インタビュー > 命に関わる仕事の責任と専門性の高さを実感

命に関わる仕事の責任と専門性の高さを実感

女性の一生に寄り添う助産師の役割を深く理解

小学校の授業で出産シーンを見て感動し、中学校では中絶の話から命の大切さを考えるなかで、助産師の仕事に興味を持つようになりました。関西福祉大学を選んだ理由は、4年間で看護師と同時に助産師の受験資格も得られるからです。

 

入学前は、助産師は分娩介助をする職業と考えていましたが、2年の「母性看護学概論」でそのイメージが大きく変わります。心身の負担が大きい不妊治療や、産後の母児のケアなど、女性の一生に寄り添う仕事の幅広さを学び、助産師の役割を深く理解できました。

刻々と変わる分娩の展開に素早く対応する大切さを確認

また、3年の「母性看護学実習」で分娩見学をしたことも、この道に進む覚悟を促すような大きな経験に。分娩中の赤ちゃんがうっ血したことで、見守るだけの私も強く緊張する、母子ともに命がけの出産になったからです。「がんばれ!」という助産師さんの力強い声かけが印象深く、無事出産を終えた時には非常に感動しました。

 

それと同時に、2つの命を支えるこの仕事の責任の重さを改めて実感。刻々と状況が変わるなか、スピード感をもって分娩をサポートする対応力を目の当たりにし、助産師の専門性の高さを強く意識するきっかけにもなりました。

妊産婦や不妊治療の方の心のケアもできる助産師に

「成人看護学実習」をはじめとする臨地実習も、助産師をめざすうえで役立つ学びになっています。特に、患者様の痛みに対する不安を軽減するため、一人ひとりに合わせた関わり方の大切さを学んだことは、妊産婦さんや不妊治療をされる方への心のケアにも活かせると考えています。

 

この仕事の魅力は命の誕生を家族と共に喜べるところだと思います。分娩介助を行う実習はこれからですが、10例の分娩介助経験を通して、安全な分娩介助ができるようになることが目下の目標です。お母さんと赤ちゃんの力を信じ、どんな時もしっかり支えられる助産師になりたいです。

 

小山 ひかりさん
看護学部 看護学科(看護師+助産師取得モデル)4年
兵庫県 東播磨高校出身

関西福祉大学のキャンパスライフを知ろう

ページ上部へ