兵庫県赤穂市の関西福祉大学の受験生応援サイトです。

本学サイト アクセス お知らせ 資料請求
 
受験生応援サイトTOP > キャンパスライフ > 在学生インタビュー > 根拠に基づいた知識と実践力を兼ね備えた教諭に

根拠に基づいた知識と実践力を兼ね備えた教諭に

親身になってくれる先生や励ましてくれる友人との出会い

保健体育教諭をめざすようになったのは、高校生のとき。バレーボール部の顧問の先生に技術面だけでなく挨拶や礼儀なども教えていただき、人間的に成長させる仕事だと感じたからです。また、第1志望だった国立大学の受験に失敗したときには、担任の先生が自分のことのように泣いてくれ、自分も生徒に寄り添える先生になりたいと思いました。

 

関西福祉大学に入学したのは、バレーボールと教諭免許状の取得を両立できることが理由でした。僕は勉強をがんばりすぎてしまうところがあり、先生から「もっと遊びなさい。学生の今しかできないのだから楽しめ」と親身になったアドバイスをいただいてハッとさせられたり、友人からも「大変なときは大きく変われるとき」と励ましてもらったり。素晴らしい先生や友人に出会うことができました。

教諭になったときに役立つ多彩で実践的な学び

好きな授業は「運動学」です。動作を数値的に分析して、重心や跳躍高を求めるのですが、将来、科学的な根拠に基づいて指導できると思っています。また、体の機能について学ぶ「運動生理学」も、熱中症の予防などに役立つ学問です。

 

先生方は、オリンピック選手の指導もしているなど、キャリアが豊富な方が多いので、授業にも説得力があります。そんな知識や経験を自分も身につけられたらと思っています。

 

また、オープンキャンパスでは、運動生理学についてパワーポイントで資料を作成し、高校生に授業内容を説明しました。わかりやすくするために、高校で学んだ知識を踏まえたうえで教える工夫をしましたが、教える難しさを経験できました。

養護教諭とのW資格取得で医療知識も兼ね備えたい

保健体育教諭取得モデルは、養護教諭の免許状を取れるのもいいところです。養護教諭を志望しているわけではありませんが、将来、生徒に適切な救急処置などをするときの知識を身につけたいのでW資格取得をめざしています。3年では看護実習もあり、医療の現場を体験できるのも良い経験になりそうです。

 

「どの大学で学んだかよりも、行った大学でどう学ぶかのほうが大事」とは、高校の担任の先生の言葉ですが、今は本当にその通りだと思っています。いい先生、いい友人との出会いを大切にして、子どもたち一人ひとりと向き合える教諭になりたいと思っています。

 

藤本 理人さん
教育学部 保健教育学科
(保健体育教諭取得モデル)3年
岡山県 関西高校出身

関西福祉大学のキャンパスライフを知ろう

ページ上部へ