兵庫県赤穂市の関西福祉大学の受験生応援サイトです。

本学サイト アクセス お知らせ 資料請求
 
受験生応援サイトTOP > キャンパスライフ > 在学生インタビュー > 実習で得た視点を活かし地域の課題と向き合う

実習で得た視点を活かし地域の課題と向き合う

病気になる前に関われる予防医療に力を注ぎたい

人と話すことが好きで、人に関わる仕事に就きたいと母に相談し、紹介されたのが看護師と保健師です。確かに自分の長所が活かせる分野だなと感じ、どちらもめざせる関西福祉大学に入学しました。

 

学びを進めるなかで、改めて保健師になりたいと意識したのは2年の時。患者様の具体的な疾病や病態から看護を考える授業で、脳梗塞など生活習慣の改善で防げる病気が多いことを知ってからです。

 

看護そのものより、病気になる前に関われる予防医療に力を注ぎたいと考え、保健師をめざすことを決めました。

会話から情報収集するコミュニケーション術を獲得

保健師は地域のさまざまな状況に置かれた人と接しながら、課題を見つけ出す必要があります。そのため、小児看護学実習や老年看護学実習などの臨地実習が、幅広い年代や症状の方とのコミュニケーションを学ぶ大切な機会になりました。

 

特に重視したのは、雑談をしながら必要な情報を収集する意図的コミュニケーションです。初めは難しさを感じましたが、回数を重ねるなかで余裕が生まれ、バイタル測定など日常的な看護作業をしたり、何気ない会話をしたりしながら必要な情報を得られるまでに上達しました。地域での活動の際もこのコミュニケーション術を活用したいです。

ニーズへの対応力を高め頼りにされる保健師をめざす

実習で患者様の退院に向けた指導ができたことも、保健師の仕事につながる貴重な経験となりました。

 

病気の再発を防ぐために、血圧の測定など習慣化してほしいことを伝え、継続しやすいように、家庭での生活リズムを反映した具体的方法を提案。患者様から「これならできそう」と感謝されたのがうれしく、仕事のやりがいを感じました。

 

目標は気軽に相談しやすく、頼りにされる保健師になることです。そのための知識と技術を高め、一人ひとりのニーズに的確に応えられる力を身につけたいです。

 

丸尾 珠希さん
看護学部 看護学科(看護師+保健師取得モデル)4年
兵庫県 姫路南高校出身

関西福祉大学のキャンパスライフを知ろう

ページ上部へ