兵庫県赤穂市の関西福祉大学の受験生応援サイトです。

本学サイト アクセス お知らせ 資料請求
 
受験生応援サイトTOP > キャンパスライフ > 在学生インタビュー > 視野が広がり目標が具体的になった

視野が広がり目標が具体的になった

福祉についての
多様な考え方を学べる

大学受験のときには、漠然と大学へ行けたらいいなぐらいの気持ちで、福祉分野へと考えていたわけではありませんでした。福祉に興味をもったのは、高齢者介護の経験があれば、将来、家族に介護が必要になったときに役立つかなと思ったのがきっかけです。

 

そこで、社会福祉関連にはどんな仕事があるのか探してみたところ、社会福祉士という資格があることを知り、その取得に力を入れている関西福祉大学に進もうと思いました。1年から専門的に社会福祉について学べる環境があるところにも、魅力を感じました。

 

総合福祉コースへ進んだのは、多角的に幅広く福祉について学びたかったからです。福祉の種類はさまざまで、ものの見方や考え方も多様であるため、一つの考えに縛られないように、広い視野をもっていきたいと思っています。

ボランティアの基礎を学び
実践に生かす機会がある

期待以上に楽しかったのが、実践公共学という授業です。大学から外へ出て、地域で活動しながら学ぶ授業で、私たちは赤穂のお祭りのお手伝いにボランティアで参加しました。自分たちで動き、地元の人たちとのふれあいながら学べることが楽しく、すごく貴重な経験でした。

 

ボランティアについては、ボランティア論の授業で基礎から学んだことが、ずっと役に立っています。2年のときのコミュニティアワーでは、コロナ下だったので残念なことに現地でのボランティア活動はできませんでしたが、熊本の災害支援についてみんなで調べて発表しました。自分たちが知らなかったところで、困っている人がいることを知って視野が広がり、その後も被災地のことを気にするようになりました。

ソーシャルワーカー実習で
将来の自分の姿が具体的に

進路について、より具体的に考えるようになったのは、3年のときにソーシャルワーカー実習へ行ってからです。特別養護老人施設で社会福祉士が相談を受けている様子を見て、想像していたよりも相談者と親密であることに驚きました。

 

自分もこんな支援員になりたい、この仕事をしたいという気持ちが強くなり、実習後、先生に報告すると、「それはよかった。今は、とにかくたくさんの施設を見なさい」とアドバイスをいただきました。

 

今は社会福祉士の資格取得に向けて週に1回、みんなで過去問を解いています。先生にすぐ質問できたり、仲間のがんばっている姿を見て自分もがんばれるのがいいところです。高齢者福祉施設に就職することをめざしていますが、いずれは地域のいろいろな方に関わっていける人になりたいです。

 

社会福祉学部 社会福祉学科(総合福祉コース)4年
島袋 マキさん
徳島県 徳島北高校出身

関西福祉大学のキャンパスライフを知ろう

ページ上部へ