兵庫県赤穂市の関西福祉大学の受験生応援サイトです。

本学サイト アクセス お知らせ 資料請求
 
受験生応援サイトTOP > キャンパスライフ > 在学生インタビュー > 予防医療の学びを活かし地域の課題を解決したい

予防医療の学びを活かし地域の課題を解決したい

地域の保健の悩みを知り
保健師の活動に注目

保健師の活動に興味をもったのは1年の「赤穂学」がきっかけです。地域での暮らし方や課題を確かめるために、高齢者や障がい者など赤穂市で生活するさまざまな立場の人から直接話を聞きました。

 

意見はどれも具体的で、子育て中の方からは「育児の悩みをどこで相談したら良いかわからない」「産婦人科が少ない」などの声が上がります。こうした地域における健康分野の悩みを解決したいと考えるなかで、保健師に注目。「保健医療福祉行政論」でも地域における保健師の役割の大きさを確かめ、この道に進みたいと考えるようになりました。

病気予防に関する知識や
人に寄り添う姿勢を学ぶ

また、生活習慣の改善で病気予防ができることを伝え、地域の方の健康維持につなげる活動ができるのも保健師です。そのため、予防医療に関する授業は特に積極的に取り組みました。病気の原因やメカニズムなどの知識を、説得力のある健康アドバイスなどに役立てたいと考えています。

 

患者様に自宅での生活を確かめ、退院後も実行しやすい自己管理の方法を一緒に考えた看護実習も、保健師の活動につながる経験になりました。客観的な情報だけでなく、生活の背景や本人の意向を汲み取って判断する姿勢を、地域におけるサポートに活かしたいです。

地域に即した実践力を高め
信頼される保健師をめざす

母子の家庭訪問を行う保健師演習や、在宅ケアなどの実践はこれからですが、悩みを伝えてもらえるような関係を築き、個々の事情に対応する力を高める機会にしたいです。「母性看護学実習」で妊産婦さんの本音を引き出すことがとても上手な看護師に出会ったので、そのコミュニケーション術もお手本にします。

 

目標は地域の誰からも信頼され、「この人に相談したい」と言われる保健師になること。今後は地域の医療システムなどの知識も身につけ、対応力の高さにつなげたいです。

 

看護学部 看護学科(保健師取得モデル)4年
藤原 里菜さん
福井県 若狭高校出身

関西福祉大学のキャンパスライフを知ろう

ページ上部へ